BLOG

感じたことをそのままに

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 子ども
  4. 子どもの思い出保存に“思い出BOX”のすすめ
思い出BOXのすすめ

子どもの思い出保存に“思い出BOX”のすすめ

CLUP新潟では週に一回のペースでメルマガを発行しています。
先日、私の担当でした。以下はメルマガの内容です。

タイトル「子どもの思い出保存に“思い出BOX”のすすめ」

先日、友人から「子どもの思い出の物はどうやって保存している?」
と聞かれました。
子どもの作品って大きいものから小さいものまでたくさんで、
どんどん増えますよね。

まず、基準を決めましょう!
何をどれだけ、どのように残したいですか?
我が家は娘と息子、それぞれにふた付きのボックスを用意し、
表に名前を書いて 思い出BOXとしています。
そこに大切なものをしまっています。

大きな作品は子どもが持った姿を写真に取り、写真で保存しています。
ボックスの大きさは、沢山残しておきたい方は衣装ケースのような大きな物に、
大切な物を少しだけと言う方は小さいものすればいいですね。

子どもが大きくなった時に、思い出BOXを囲んで家族で思い出話をしたいと思っています。
そしてその時はきっと、笑顔があふれる幸せな時間が流れている。
なんて想像しています。

過去の頑張りや思い出が、自分の背中をそっと押してくれる。
勇気づけてくれる。
そんな経験が私には何度もありました。
誰しも一度はあるのではないかと思います。

すべては覚えておけないから、せめて一部だけでも残しておきたい。
そしていつか、子どもを勇気づけてあげられるように。そんな思いでいます。

新しい年になり、今年は片づけたい!と言う方、
思い出の物を整理したいけど、何から始めたらいいのかわからない方、
片づけサポーター「CLUP新潟」メンバーに お声がけくださいね^^

メルマガは写真が添付できないとのことで、上の写真は自宅のクローゼットの棚を一段使って思い出BOXを収納している写真です。
ハートで隠したところには子どもの名前が書いてあります。

他のメンバーが書くコラムが読みたい方は是非メルマガ登録お願いします!
CLUP新潟メルマガはコチラ

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。